スマートフォン用の表示で見る

ジョン・ウー

キーワードの候補

2件

映画

ジョン・ウー

じょんうー

呉宇森

監督、プロデューサー脚本家

略歴

独特のアクション美学を持ち、どんな映画を監督しようともその基本的姿勢は貫く。

戦闘中、特に登場人物が死ぬ瞬間に、「鳩」が飛び、他にも、「教会」「二丁拳銃」「弾無限」などジョン・ウーならではの定番アイテムが登場し、それがもはや「意匠」と化している。

また、彼の作品では暴力シーンが多いが、彼自身は「暴力否定論者」で、幼い頃の貧困街での生活で受けた理不尽な暴力の経験から映画の中で暴力を描く事によって、その悲惨さ、酷さを描いている。

ハリウッドデビュー作は『ハード・ターゲット?』。一時期ハリウッドを活動の拠点にしていたが、近年は中国での活動を行っている。

主な作品

  • セデック・バレ 太陽旗?(2011)<未> 製作総指揮
  • セデック・バレ 虹の橋?(2011)<未> 製作総指揮
  • レイン・オブ・アサシン?(2010) 監督、製作
  • 男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW?(2010) 製作総指揮
  • ブルース・リー チェンジ・ザ・ワールド?(2009)<TVM> 出演
  • レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―(2009) 監督、脚本、製作、製作総指揮
  • レッドクリフ Part I(2008) 監督、脚本、製作、製作総指揮
  • ブラッド・ブラザーズ -天堂口-?(2007) 製作総指揮
  • エクスマキナ(2007) プロデュース
  • それでも生きる子供たちへ(2005) 監督
  • ペイチェック 消された記憶(2003) 監督、製作
  • バレット モンク?(2003) 製作
  • アート・オブ・アクション マーシャル・アーツ・フィルムの変還?(2002)<TVM> 出演
  • ジャッキー・チェン -ドラゴンへの道-?(2002)<TVM> 出演
  • レッド・スカイ?(2002)<TVM> 製作総指揮
  • ウインドトーカーズ(2002) 監督、製作
  • M:I-2(2000) 監督
  • ブラックジャック(1998)<未> 監督、製作総指揮
  • ジャッキー・チェン マイ・ストーリー?(1998)<OV> 出演
  • ビッグ・ヒット(1998) 製作総指揮
  • リプレイスメント・キラー?(1998) 製作総指揮
  • ジョン・ウーの狼たちの絆?(1997-1998)<TV> 製作総指揮
  • ジョン・ウー 狼たちの絆 MISSION:2?(1997)<TVM> 製作総指揮
  • ジョン・ウー 狼たちの絆 MISSION:3?(1997)<TVM> 製作総指揮
  • ジョン・ウー 狼たちの絆 FINAL MISSION?(1997)<TVM> 製作総指揮
  • フェイス/オフ(1997) 監督
  • ブレイク・ダウン?(1996)<TVM> 監督、製作総指揮
  • ジョン・ウー 狼たちの絆?(1996)<TVM> 監督、製作総指揮
  • ブロークン・アロー(1996) 監督
  • 南京1937?(1995) 製作
  • 野獣の瞳?(1995) 製作
  • 大陸英雄伝?(1995) 製作
  • 死闘伝説/ベスト・オブ・アクション?(1993)<TVM> 出演
  • ハード・ターゲット?(1993) 監督
  • ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌?(1992) 監督、出演
  • 狼たちの絆?(1991) 監督、脚本
  • ワイルド・ブリット?(1990) 監督、脚本、製作
  • 反逆の絆?(1989)<未> 出演
  • ワイルド・ヒーローズ/暗黒街の狼たち?(1989)<未> 監督
  • 狼/男たちの挽歌・最終章?(1989) 監督、脚本
  • 男たちの挽歌II?(1987) 監督、脚本
  • ソルジャー・ドッグス?(1986) 監督、脚本
  • 男たちの挽歌(1986) 監督、脚本
  • ゴースト・バスティン?(1983)<未> 製作総指揮
  • アーメン・オーメン・カンフーメン!?(1981)<未> 監督
  • 滑稽時代/モダン・タイム・キッド?(1980)<未> 監督、脚本
  • 剣聖たちの挽歌?(1978)<未> 監督、脚本
  • ジャッキー・チェンの秘龍拳/少林門?(1975)<未> 監督、出演
  • ブラッド・ブラザース?(1973)<未> 助監督
  • カラテ愚連隊?(1973) 監督、脚本
  • 四騎士?(1972)<未> 助監督
  • 嵐を呼ぶドラゴン?(1972) 助監督

SUWAの得意技

リングの対角線を利用して助走を付けたドロップキックを放ち

相手をコーナーポストまで吹き飛ばす技

まるで、ワイヤーアクションのごとく相手を吹き飛ばすことからこの名が付いた