ジョン・スモルツ

スポーツ

ジョン・スモルツ

じょんすもるつ

John Andrew Smoltz

MLB選手。

右投右打、ポジションは投手背番号は29番。


1967年5月15日生まれ。米国ミシガン州出身。

1985年ドラフト22位でデトロイト・タイガースに入団。

1987年、ドイル・アレキサンダー?との交換トレードでアトランタ・ブレーブスへ移籍。

1988年、メジャー昇格。

翌1989年には29試合に先発し、12勝11敗の防御率2.94。さらに球団史上最年少でオールスターゲーム出場を果たした。

1991年は、前半苦しんだが、後半から復活し、前年まで3年連続地区最下位だったチームをワールドシリーズに導く。

1994年ストライキを機に右肘を手術。

1995年、ワールドシリーズ制覇に大きく貢献。

1996年、2試合目から連勝を続け、5月24日には10勝を記録。*1連勝は14まで伸び、シーズン終了時には24勝となりサイ・ヤング賞を獲得。

1997年、成績こそ振るわなかったが、打撃面では打率.228でシルバースラッガー賞を受賞。

グレッグ・マダックストム・グラビンと共に先発投手三本柱として、1990年代ブレーブスを支えた。

2001年はリリーフに回った。FA権を取得し、他球団からの誘いもあったが、ブレーブスで選手生命を全うする事を決めた。

基金設立して地域社会に貢献。

2005年、ロベルト・クレメンテ賞を受賞。

2006年、WBC米国代表に選出も、出場辞退。


2007年、通算200勝を達成。MLB唯一となる200勝150Sを記録。


* リスト::野球選手

*1:ジョー・マッギニティー?以来、92年振りに最速記録を塗り変えた。