ジョン・セイン

一般

ジョン・セイン

じょんせいん

証券大手メリルリンチの会長兼最高経営責任者(CEO)。


経歴

マサチューセッツ工科大学で電子工学を学び、1979年にはハーバード大学でMBAを取得。

ゴールドマン・サックスに約20年勤務。重要ポストを歴任、1999年からは社長を務め、2004年にNY証券取引所(NYSE)のCEOに就任。

NYSEでは、非営利団体から株式会社化、上場を達成したほか欧州取引所ユーロネクストとの合併を主導。NYSEを世界で初めての国際的な証券取引所として拡大させたことで高く評価されている。

ウォール街では経営手腕への評価が高く、メリルの後に巨額の追加損失とトップ辞任を発表したシティグループでもCEO候補に挙げられていた。