ジョン・フィリップ・スーザ

音楽

ジョン・フィリップ・スーザ

じょんふぃりっぷすーざ

行進曲王”として有名なアメリカ作曲家 1854〜1932 バンドの指導者として「スーザフォン」も考案

星条旗よ永遠なれ』『ワシントン・ポスト』『士官候補生』など、生涯に130曲を超えるマーチを作曲した“行進曲王”、J.P.スーザ。彼の名前や、曲名までは知らなくても、スーザのマーチは、メロディを聴けば誰もが「あぁ、あの曲ね」とうなずくような有名曲ばかりである。

またスーザは、マーチの作曲だけでなく、自らバンドの指揮者・指導者として活躍し、屋外のバンド演奏でも、十分な音量やショーアップ効果が得られるようにと楽器自体を改良。

その代表作が、マーチング用のチューバ、“スーザフォン。彼の名前を冠したこの楽器は、管を奏者に巻き付けてベルを頭上にかかげるという大胆な工夫によって、重低音を出すために必要な「長い管・大きなベル」と、マーチングに欠かせない「運動性・歩行性」を両立。その目立つカタチは存在感も抜群で、バンドの良いアピールになると、軍楽隊にも公式に採用された。