スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

ジル・パニッツィ

じるぱにっつぃ

(GILLES PANIZZI)WRCの名物ドライバーの一人

  • WRCの名物ドライバー。
  • まずはその人間離れした顔。モータースポーツ界で1・2を争う怖さだ。(特に笑うと)
  • ターマックラリーでは無敵の速さを誇る。これも人間離れ。
  • しかし、彼の理想のドライバーはワルター・ロール?。マシンを選ばず、道を選ばず誰よりも速く駆け抜けるオールラウンダーを目指している。
  • ちなみに、コ・ドライバーは実弟のエルベ・パニッツィ。型破りの兄を持って非常に苦労しているように思えるが、ラリー中の彼の表情は実に楽しそう(?)である。
  • エピソードにも事欠かない。
  • 彼を日本でスターにしたのは、おそらく2002年カタロニアの第3レグ最終SS、ギャラリーヘアピン*1でのドーナツターンだろう。ゴール後、ドーナツターンをやったドライバーは過去にいくらでもいるが、いくら2位に1分30秒の差をつけても、あくまでSSである。こんなところでこんなアホなパフォーマンスをやるのは未だ彼しかいない。

しかし、それ以外にも

  • F1モナコGP、予選中にコースアウトした井上隆智穂のマシンをマーシャルカーで破壊した。
  • サファリラリーで前を走るマシンに追いついてしまい、そのマシンがなかなかどかなかったため、TC終了後、そのドライバーに殴りかかったが、返り討ちに会ってしまった。
  • 決められたときにしかできないレッキのほかに闇レッキを行い、それがプレスにバレ、当時チームメイトだったフランソワ・デルクールにつかみかかられた。
  • まだプジョー306MAXIでWRCのF2クラスに参戦してたころ、WRCの合間にヨーロッパ各国のしかも地方戦に自費でエントリー。もちろんマシンも自前のプジョー106だ。走るのがすきなのね。
  • シーズン中に自宅で電球と取り替えようとして、梯子から落下して骨折。というのが公式発表だが、夫婦ゲンカの結果骨折したという説が有力である。
  • 自分がプジョーの第3ドライバーとしてエントリーしていたラリーでテスト用にバーンズに自分のマシンを貸していたが、見事全損させられ、結局出場を断念した。
  • フランス人であることを割り引いても英語が苦手。調子いいときのTVインタビューでは”Fantastic!!”をやたら連呼する。
  • 人間離れしていながら、実に人間的。だからこそ、人気があるのだと思う。
  • なお、日本での愛称はパニやん。名付け親は"SRORTS-i ESPN"の中新田ディレクター。*2
  • プロフィール

氏名: ジル・パニッツィ (GILLES PANIZZI)

国籍フランス

生年月日: 1965年9月19日

出身地: Rocquebrune Cap Martin (south of France)

家族構成: 妻 Michele*3、娘 Salome*4

居住地: Monaco

経歴: 世界ラリー選手権WRC) 6勝

  WRCデビュー: 1990年 モンテカルロラリー

  WRC初勝利: 2000年 ツール・ド・コルス

   


リスト::カーレーサー

*1:後に”パニッツィブリッジコーナー”と呼ばれることになる。

*2:決して国沢光宏氏ではありません。

*3:どうやって口説いたんだ?と思うほどの美人

*4:奥さん似であることを祈る。