スーパー・キャット

音楽

スーパー・キャット

すーぱーきゃっと

ジャマイカレゲエ・ミュージシャン。

82年に「ミスターウォーカー」でデビューを果たす。彼の名がジャマイカ中に響き渡ったのは、86年のヒット作『SI BOOPS DEH!』がキッカケだった。――ゆったりとしたレゲエのリズムや、耳当たりのよいスムースなラガマフィンが、多くの人の心にアピールしたのである。

その後、渡米し、メジャー・レーベルと契約。92年の『ドン・ダダ』以降、次々と好作品をドロップ。ヒップホップ・サウンドをふんだんに取り入れ、ラップ/R&Bアーティストと積極的にコラボレイトするなど、新たな魅力を披露して見せた。レゲエ・ファンのみならずBボーイからも熱い支持を受けるDJだ。