スマートフォン用の表示で見る

スーパーチューズデー

社会

スーパーチューズデー

すーぱーちゅーずでー

[英] Super Tuesday

スーパーチューズデーとは、アメリカ合衆国大統領予備選挙党員集会が複数の州で一斉に行われる年の、2月から3月上旬の間の特定の火曜日のこと。

1988年3月8日の火曜日に南部の11州がまとまり、初めて大規模な予備選挙党員集会が行われたことに由来する。結果次第では早期に投票が行われた予備選挙の影響力が低下し、序盤で低迷していた候補が逆転する可能性も出てくると言われる。

2008年は、2月5日がスーパーチューズデーとなり、民主党 22州、共和党21州の予備選挙党員集会が行われた。大規模になったため、「メガチューズデー」「ツナミチューズデー」とも呼ばれた。

2012年は、3月6日がスーパーチューズデーとなり、10州で共和党大統領予備選挙党員集会が行われた。

2016年は、3月1日がスーパーチューズデーとなり、共和党11州、民主党11州と米領サモアなどで予備選・党員集会が行われた。