スーパーファミコン ジュニア

ゲーム

スーパーファミコン ジュニア

すーぱーふぁみこんじゅにあ

任天堂の家庭用ゲーム機スーパーファミコン」の廉価版。サテラビュー専用カセット『BS-X』等を除き、ほぼ全てのスーパーファミコン専用ソフトを使用可能。

サテラビュー接続端子を省いたり、同梱するコントローラを1つにするなど随所でコストダウンを計っている。

1998年3月27日発売。希望小売価格7,800円。2003年9月をもって生産終了。

使用に必要な周辺機器類

映像信号と音声信号は一般的なRCA端子ではなく、特殊な形状の端子(AV OUT端子)から出力されている。専用のAVケーブルが必要。

コンポジットビデオ入力(丸くて黄色いRCA端子のこと)が可能なテレビに、モノラルAVケーブル、またはステレオAVケーブルを使用するのが、簡単かつ一般的であり、またRF出力と比較して高画質になる。ビデオ入力端子がついていない、相当に古いアナログテレビ受像機に繋ぐ場合でない限りは、RF出力を使う必要は無い。

ACアダプタ・AVケーブルには、任天堂純正品以外でも、任天堂ライセンス品(SFマークの付いた製品)であれば問題なく使用可能。ACアダプタには、ファミリーコンピュータスーパーファミコンバーチャルボーイACアダプタを。AVケーブルには、スーパーファミコンニンテンドウ64ゲームキューブ用AVケーブルが使える。

周辺機器には、任天堂ライセンス品の粗悪品も存在するので、注意が必要。

RFモジュレータの出力をRFスイッチを挟まずに、テレビのアンテナ入力に直結すると、事故の原因になる。アナログテレビ放送が終了したからといって、直結してはならない。

オプションケーブル対応表
モノラルAVケーブル(SHVC-007) ステレオAVケーブル(SHVC-008) S端子ケーブル(SHVC-009) RGBケーブル(SHVC-010)
SFC
SFC Jr. × ×

スーパーファミコン(SHVC-001)との差異

映像出力信号の一部が削除

スーパーファミコンJr.では通常、ステレオAVケーブル、もしくはモノラルAVケーブルを使用するのが一般的である。

S端子出力とRGB出力が使用不可能に

スーパーファミコンでは使用可能であったRGB21pin出力とSビデオ出力が使用不可能になった。S端子RGBケーブルを接続しても、映像信号は全く出力されない。

RF出力に外付けRFモジュレータが必要に

スーパーファミコンには内蔵されていたRFモジュレータが削除された。RF OUT端子は存在しない。RF出力の際には、RFスイッチに加えてN64RFモジュレータ(NUS-003(JPN))が必要になる。

一部機能・付属品の削除

  • 底面の21PIN拡張コネクタが廃止され、サテラビューが接続不可能になった。
  • カセット取り外し用のイジェクターが廃止され、カセットを手で掴んで引き抜く方式になった。
  • カセットのロック機構が廃止された。電源がONの状態で、誤ってカセットを取り外してしまう危険がある。
  • パワーランプLEDが廃止された。
  • 専用コントローラ(SHVC-005)2個の代替に、専用コントローラ(SNS-102)が1個のみ同梱された。SHVC-005とSNS-102は、ほぼ同等品であり、操作感も変わらない。相違点は、SNS-102のケーブルがSHVC-005よりも長い他、色が多少異なるなど。

その他特徴など

メーカ修理サポート

任天堂ホームページを参照。

カセットに内蔵されたバッテリーバックアップ用のリチウム電池が切れて、セーブ機能が使用不可能になっているケースが多々有る。

一般のユーザには、リチウム電池の交換作業は不可能である。特殊な工具や電池が必要となる上に、無理な電池交換作業は火災や怪我の原因となるので、非常に危険。

各種周辺機器