スマートフォン用の表示で見る

スーパー堤防

一般

スーパー堤防

すーぱーていぼう

正式名称は「高規格堤防整備事業」


200年に一度の規模の大洪水に備え、堤防の幅を、高さの30倍まで広げて強固にする。できた堤防上に、地元自治体が公園や廃棄物関連施設などを建設したり、土地区画整理によって新たなまちを造ったりする。