スウェーデン学派

社会

スウェーデン学派

すえーでんがくは

経済学の学派の1つ。19世紀末から20世紀前半にかけてのスウェーデン経済学者の一派である。オーストリア学派の考え方を取り入れて、資本主義経済における経済循環の動学的な分析を展開した。