スオメンリンナの要塞群

地理

スオメンリンナの要塞群

すおめんりんなのようさいぐん

(英名:Fortress of Suomenlinna、仏名:Forteresse de Suomenlinna)

1991年に登録されたフィンランドの世界遺産文化遺産)。フィンランド共和国首都ヘルシンキの沖合にあるスシサーリ島を中心とする6つの無人島からなる要塞(スビアボリ)。18世紀後半、当時フィンランドを支配していたスウェーデンが、ロシアから自国を防衛するために築いた要塞で、「北のジブラルタル」と称されるほど堅牢なものだった。島々を結ぶ全長7.5kmの城壁内には、星形の稜堡や兵舎などが建てられた。1808年、ロシアフィンランドを占領し、要塞はロシア軍の駐屯地になったが、フィンランド独立後の1920年武装解除を意味する「スオメンリンナ」と名を改め、軍事使用を中止した。現在残るのは190の建物と6kmの城壁で、ヨーロッパの要塞建築技術を伝える文化研究施設となっている。