スカーレット・ストリート

映画

スカーレット・ストリート

すかーれっとすとりーと

 

 1945年製作のアメリカ映画。

 監督はフリッツ・ラング

 主演はエドワード・G・ロビンソンジョーン・ベネットダン・ドゥリエイ

 ラングフィルム・ノワールの代表作。前作『飾窓の女』(1944)と同じキャストを起用した。

 ジャン・ルノワール監督、ミシェル・シモン主演の『牝犬』(1931)も同じジョルジュ・ド・ラ・フシャルディエールの原作の映画化。

 うだつのあがらない実直な中年男クリストファー・クロスエドワード・G・ロビンソン)が若い美人の悪女キティジョーン・ベネット)とそのヒモ、ジョニー(ダン・ドゥリエイ)にだまされ、カネをむしりとられるが、キティの裏切りに気づき、思わず彼女を殺してしまう。