スカンジナビア号

一般

スカンジナビア号

すかんじなびあごう

フローティングホテル/レストラン。

ノルウェー・ベルゲンラインのクルーズ客船「ステラ・ポラリス北極星)」

竣工時の要目】

 5,056総トン

 全長130.4m(バウスプリットを含む)

 垂線間長118.8m

 最大幅 15.4m

 吃水5.5m

 主機バーマイスター&ウェイン製ディーゼル機関2基

 出力5,200馬力

 2軸1舵

 航海速力15ノット

 旅客(単一等級)定員198名

1925年     ノルウェーのベルゲンライン社がスウェーデンのエーテボリのイェータ・ベルケン造船所に発注

1925年11月9日 イェータ・ベルケン造船所100番船として進水、ステラポラリス北極星)と命名される。

1927年2月20日 ステラポラリス竣工

   同月24日 引き渡し

1927年2月26日 処女航海。エーテボリからロンドンに向け乗客140名を乗せて出発。

       世界一周旅行のクルーズなどに活躍。

1940年    ナチスドイツノルウェー侵攻でステラポラリスはナルビクで接収される。船体は灰色に塗られ士官クラブとして利用された。

1945年    ドイツの敗戦とともにステラポラリスノルウェーに返還。

1951年    スウェーデンのクリッパーラインに売却。

1969年    旅客船の安全規則SOLASの改訂により、アメリカはその規定を満たしていない客船の寄港を拒否を決定。

       ステラポラリスはクルーズ船として就航不可能となる。

1969年11月  日本での保存(伊豆箱根鉄道が購入)が決まりリスボンを出航、12月に横須賀に入港。

       シャフトとスクリューを切り離し、洋上ホテルへ改装。

1970年7月   フローティングホテル・スカンジナビア営業開始

2005年3月31日 フローティングホテル・スカンジナビアの営業を終了、保存運動が盛んになるが難航。

2006年8月   スウェーデンの会社ペトロファースト社に売却決定。

  同月31日 昭英海運(長崎市元船町)所有の第10英祥丸(藤本政文船長、乗員7人、188トン)に曳航され

       上海(9月7日入港後修理予定)に向かう。

同年9月1日  引航中の1日午後9時頃、船体が突然左に傾き始めたので、同11時半頃 状態を確かめるため、いったん串本町潮岬西側の入江に入る。

       しかし、浸水は収まらず徐々に傾く。

  同月2日  午前1時半頃、入江での沈没を避けるため再び沖合へ向かい。

       同2時ごろ、深さ約72メートルの海底に沈没し、約80年の長い生涯を終えた。

フリークシップス酔狂な船たち

フリークシップス酔狂な船たち

書きかけの項目です

スカンジナビア号 - Google ????

no title:ニュース

スカンジナビア号 - Google ????:イメージ

アクセスが禁止されています:@nifty:保存会HP内の「スカンジナビア号の価値」PDF

海外サイトgreatoceanliners.net内にある

greatoceanliners.net:ステラポラリスの記事(英文)

海外サイトHome of Siri (Holm) Lawson/Warsailors.com内にある

Norwegian Homefleet WW II - M/S Stella Polaris:WW2時のステラポラリスの記事(英文)