スマートフォン用の表示で見る

スガダイロー

一般

スガダイロー

すがだいろー

1974年生まれ鎌倉育ち。学生時代は生物学者を目指すも其の道から挫折、ピアノに転向する。

洗足学園ジャズコースの実技試験にて山下洋輔をアッと驚かし、栄えある一期生として入学。

その後バークリー音楽大学に4年間留学し、帰国後は「渋さ知らズ」や「鈴木勲OMA SOUND」でも活躍。

坂田明・小山彰太などとも共演を重ねている、間違いなく21世紀の日本でただ一人のバリバリのフリージャズピアニストである。

2006年にはDVD『BOYCOTT RHYTHM MACHINE II』(Lastrum)に参加、NATSUMENギタリスト、A×S×Eとの壮絶なセッションで話題を集める。 若手主体のコンセプチュアル・フリーアヴァンギャルド・バンド「REAL BLUE」リーダー。

その他にも「ok.hp」「リトルブルー」を率いて活動。 あらゆる顔をもつ彼のプレイは、目の肥えたJAZZファンをも唸らせ、日本全国に熱狂的なコアファンが増殖中。 ライブ終演後は体中あちこちから流血するというそのフリー極まりないプレイスタイルから『ハマの狂鍵』の異名を持つ。

現在ソロアルバム製作プロジェクトが進行中。

スガダイローの肖像』特設ウェブサイト(http://sugadairo.com/)