スマートフォン用の表示で見る

スクーデリア・トロ・ロッソ

スポーツ

スクーデリア・トロ・ロッソ

すくーでりあとろろっそ

Scuderia Toro Rosso

F1コンストラクター。日本では「トロロッソ」と表記されることが多い。

レッドブル・レーシングが、ミナルディを買収して設立。2006年シーズンから参戦。

レッドブルのジュニアチームとして活動する。

現在はトロ・ロッソのドライバーがレッドブルのテストに参加するなど結びつきが非常に強い。

チーム名『Scuderia Toro Rosso』は、イタリア語で『チーム・レッドブル』の意味。

歴史

 初年度の2006年は、ミナルディからの継続参戦ということになっていたために、旧ミナルディが特別措置として認められていた吸気制限付き3000ccのV10エンジン*1の使用権を有していたため、他チームより有利になるのではないかと一部から批判を集めていた。2006年型のコスワースV10エンジンは、最大回転数が16,700rpmとされた為、最大トルクがでるようチューニングされた。そのため、低速コースでは上位グリッドに位置することもあったが、V8エンジン勢の進化によりシーズン半ばにはテールエンダーに戻ってしまった。

 2007年、レッドブル・レーシングルノー・エンジン獲得したために、レッドブル・レーシングとの契約が残っていたフェラーリ・エンジンを使用することになった。

 エンジンがハイブリッドパワーユニットとなった2014シーズン以降はルノー(2014/2015)→フェラーリ(2016)*2ルノー(2017)→ホンダ(2018〜)と採用メーカーが頻繁に変わる状態となっている。

*1:2006年のレギュレーション変更により他チームは2400ccのV8エンジンを使用している。

*2:型落ちとなる2015年モデルを採用