スコータイ遺跡

地理

スコータイ遺跡

すこーたいいせき

バンコク北方約400kmの西寄りにあるスコータイにある遺跡タイ族最初の統一国家「スコータイ王朝」の首都が置かれたところであり、タイ族首長クメール軍を破ってスコータイ王朝を建国、第三代ラムカムヘエン王の治世には領土も最大となり、隆盛を極めたとされる。その繁栄ぶりをしのばせる仏寺、仏塔の跡が多数残され、スコータイ歴史公園となっている。約70万平方mという広大な敷地には、遺跡として確認されているものだけで200以上。1991年にはユネスコ世界遺産文化遺産)に登録。