スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

映画

スコット・ピルグリムVS. 邪悪な元カレ軍団

すこっとぴるぐりむばーさすじゃあくなもとかれぐんだん

Scott Pilgrim vs. the World

スタッフ

  • 監督:エドガー・ライト
  • 製作:マーク・プラット?、エリック・ギター?、ニラ・パーク?エドガー・ライト
  • 製作総指揮:ロナルド・ヴァスコンセロス?、J・マイルズ・デイル?
  • 脚本:マイケル・バコール?エドガー・ライト
  • 原作:ブライアン・リー・オマリー?
  • 撮影:ビル・ポープ?
  • 編集:ジェナサン・エイモス?、ポール・マクリス?
  • 音楽:ナイジェル・ゴドリッチ?

概要

スコット・ピルグリムは、売れないバンドマン。夢に出てきた美女ラモーナに現実でも出会い一目惚れするが、交際を申し込んだスコットの前に立ちふさがったのは、ラモーナの7人の元恋人たちだった。

ブライアン・リー・オマリーのグラフィック・ノヴェルの映画化。タイトルの「…vs. the World」はシリーズ2作目にあたるが、内容はシリーズ全体から脚色している。

日本のマンガやマンガに強い影響を受けた原作を元に、カートゥーンやゲームを実写化したかのような映像と、マニアックな引用が頻出する。

主人公が結成するバンドの曲はベックが提供している。他にも、ブロークン・ソーシャル・シーン小山田圭吾サントラに参加するなど、音楽面でも注目を集めた。

アメリカでの興行不振などから、日本での劇場公開が危ぶまれていたが、ネットでの署名活動などもあって2011年4月の公開が決定。それに先駆けて2月にゆうばり国際ファンタスティック映画祭で上映された。

*1:Rated PG-13 for stylized violence, sexual content, language and drug references.