スマートフォン用の表示で見る

スコヴィル値

スコヴィル値

すこう゛ぃるち

[英] Scoville scale

スコヴィル値とは、唐辛子の辛さを量る単位。

1912年スコヴィル味覚テストを考案した化学者、ウィルバースコヴィルの名から名づけられた。

スコヴィル辛味単位は、辛味受容体の神経末端を刺激するカプサイシンの割合を表しており、現在の定義は「辛みを感じなくなるまで砂糖水で薄めた時の希釈倍率」とされている。

しかし、この定義の問題点は、人の主観に頼っているという不明瞭さにあった。近年、高速液体クロマトグラフィーによりカプサイシンの量を直接量るジレット法などが開発されたことから、現在では被験者の主観に頼らない測定機によるトウガラシの辛さ測定法が主流となっている。しかしスコヴィル値が長年使用され、あまりに普及しているため、機械測定したカプサイシン量の数値をスコヴィル値に変換し直して表記する方法が一般化している。