スズノネセブン!

ゲーム

スズノネセブン!

すずのねせぶん

リスト::ギャルゲー//タイトル/さ行

Clochetteクロシェット)より2009年1月30日発売されたゲーム。

スズノネセブン!
スズノネセブン!

スズノネセブン!

スズノネセブン!  通常版

スズノネセブン! 通常版

2009年11月27日にファンディスクスズノネセブン! Sweet Lovers’ Concerto」が発売された。→ スズノネセブン! Sweet Lovers’ Concerto

ストーリー

魔法が発展しはじめ、一つのエネルギーとして確立されたもう一つの現代世界。

主人公たちの通う「スズノネ魔法学園」は、魔法と科学の融合を目指して設立された教育機関で、

各階に優秀な人材を多く輩出することで有名だった。

だが、そんな名門校にも落ちこぼれは存在する。

毎年成績の悪い7人が選ばれ「スズノネトライアル」と呼ばれる強制合宿に参加させられるのだった。

そこでは特殊な課題が与えられ、これをクリアしなければ進級または卒業が認められず、

退学になってしまうというのだが…。

そして、今年もワースト7が選ばれる時期がやってくる。

最低で最高な合宿生活

     スタート!

(公式サイトより引用)

キャラクター

  • 城戸幸村…本作の主人公。魔法は使えないが魔力工学に対して天才的な発想力を持つ。だが、型にはまったやり方が苦手なタイプなため、実力に成績がついてこず、トライアル参加となる。人間的にも気がきくタイプで人当たりもいいまとめ役系なので、合宿ではいろいろと苦労することになる。
  • 野々村仁乃(CV:ヒマリ)…身長156cmO型スリーサイズは83/58/87。スズノネ魔法学園魔法科1年。明るく元気な性格で、とっても優しい子だが、意外と人見知りでどこか世間とずれた感覚の持ち主。作る料理も例外ではないのだが、なぜかおいしい。魔力はハイロードと呼ばれる一流魔法使いクラスなのだが、とある理由で制御を苦手としており時折暴走させてしまうので、本人は自信が持てないでいる。スズノネ入学も、膨大な魔力制御を名目とした特別枠によるもの。母親の菜乃のかかわっていたプロジェクトアーク(箱舟プロジェクト:現在研究は中断)の続きをすることが夢なのだが、道は険しいなと感じている。「のののハウス」という段ボールハウスを合宿に持参しており、落ち込んだりすねたときはその中にこもってしまう。
  • 鷹取柚子里(CV:夏野こおり)…身長165cmのB型スリーサイズ82/54/83。スズノネ魔法学園魔法科2年。魔法産業のトップメーカーの経営者娘。自身も魔法の素質はずば抜けており、幼い頃からの英才教育もあって、学園でも有数のエリート。特に雷系の魔法を得意としている。だが、とある学則違反に対する罰として、トライアル参加を命じられることとなる。性格は、面倒見は良く、根はやさしいのだが、プライドの高さから、少々とっつきにくいところがある。また、正義感が強く、自分の地位をひけらかすことはしない…というか、お金持ちの生まれだからといって特別扱いされるのは嫌い。勧善懲悪ものが大好きなのだが、普段は隠している。
  • 三峰美奈都(CV:桜川未央)…身長163cmのA型。スリーサイズ92/60/93。スズノネ魔法学園魔力工学科1年。主人公のクラスメイトにして親友。同じ魔力工学科2年に兄がいるのだが、兄妹そろって成績は悪い。魔法は使えないのだが、魔法に対して強い憧れがあり、魔法にかかわる仕事で世界に貢献したいと強く願ったことからスズノネを受験することとなった。明るくポジティブなのだが、ポジティブすぎて、授業中寝ていても気にも留めなくなっている。人付き合いは得意なほう。実は過去に魔法がらみの事件に巻き込まれ重体になったところを静穂さんに助けてもらったという過去がある。
  • 代官山すみれ(CV:佐々留美子)…身長152cmのAB型。3サイズは78/56/84。スズノネ魔法学園魔法科1年。スズノネ魔法学園創設者にして学園長の代官山十四郎の孫。父のことが好きで、本人は父と同じ魔力工学科に進学したかったのだが、学園長の意向で、魔力科に入学することとなる。魔法に関してはもともと入学以前に学園卒業レベル以上に到達していたこともあって、魔法の授業には興味なさげ。魔法自体めったに使わないうえ、使ったとしても自分のためなので、授業中に魔法を使ったことがない。そのため魔法の実技の成績が付けられず、トライアル参加ということになった。口調は誰に対しても丁寧で、表面上の人当たりはいいのだが、実は結構強かなタイプで、敵に回すと厄介なタイプ。学園で1,2を争う情報通で、スズスポという学内新聞を発行している。やさしい一面もあるのだが、からかい好きなので、そのあたりはわかりにくかったりする。ちなみに、学園長に恨みのありそうな人を見つけると、なぜか復讐するよう焚きつけている。

ファンディスクにてヒロインに昇格したキャラ

  • 志麻莉里(CV:新堂真弓)…身長158cmのB型。3サイズは82/55/82。スズノネ魔法学園魔法科2年。とある理由で柚子里のところで住んでいる柚子里の家の使用人。だが、柚子里の方針で友達の様なポジションに収まっている。だが、本人は柚子里に対してそれ以上の感情を持っている節がある。その敬愛が行きすぎるあまり、柚子里とともにトライアルに参加するためだけに試験を全科目白紙で出したつわもの。主人公がお金や権力に無頓着なため、柚子里の心にするりと入り込むのではないかと心配している。
  • 九条要(CV:風音)…身長167cmのO型。3サイズは92/58/89。スズノネ魔法学園の卒業生にして、スズノネの教師。合宿の担当でもある。今でこそマスタークラスの実力を持つが、かつてこのトライアルに参加したことがある。基本生徒想いのいい先生なのだが、めんどくさがりで適当なところが玉に傷。なぜか学園長に弱みを握られまくっており、給料が労働基準法の最低を大きく割り込んでいるという理不尽な待遇を受けている。本人の実力から言って再就職も可能だが、スズノネが好きなのでやめないとのこと。
  • 島村静穂(CV:水純なな歩)…身長166cmのA型。3サイズは82/56/86。スズノネ魔法学園卒業生。特待生として魔法科、魔力工学科ともに首席卒業の超エリートにして、スズノネ魔法研究所の職員。その上アルバトロスという喫茶店の経営までしているとんでもない人。今は、まだ院生にもかかわらず「魔道ドライブ」という魔法による半永久機関となるエンジンの研究開発の第1人者として活躍している。やさしくいい人なのだが、学生だったころは少々勉強以外で問題が生じていたらしく、それを助けてくれた九条先生のことは尊敬している。
  • 代官山桃子CV:まきいづみ)…身長163cmのB型。3サイズは80/56/88。代官山すみれの姉で、スズノネ魔法学園の図書館司書。その傍ら遊びという名の研究もしている。もっとも、本人は遊びのつもりで作っていても、魔法界的には偉業とも呼べる魔法も多かったりする。のんびりした性格だが、神出鬼没で自由人的な1面もある。また、いざというときは頼りになる人だが、代官山家の血筋なのか、すみれとは違った方向で相手の反応を楽しんでいる節もある。

サブキャラクター

  • 三峰真(CV:ルネッサンス山田)…スズノネ魔法学園魔力工学科2年。美奈都の兄にして、極度のシスコン。主人公とは親友である。頭は悪く、口ではいろいろ下品なことも言うが、実行することは決してない。静穂さんにあこがれて…というか、恋心を抱いている。
  • 代官山十四郎(CV:長倉仁八)…スズノネ魔法学園の学園長。見た目はチンピラだが、世界に名だたる魔法使いで、魔法学会の創始者の1人。本当は偉大な人で、生徒思いな学園長なのだが、普段はただのエロ親父だったりする。そして、なぜか要先生いじめを趣味としている。