スターリン暴落

一般

スターリン暴落

すたーりんぼうらく

1953年に発生した日本の株価暴落のこと。旧ソビエト連邦最高指導者だったヨシフ・スターリンの重病説によって12営業日(1953年5月21日〜6月3日)連続して株価が下がった。 これによって日経平均株価は約10パーセント下落し、市場は混乱した。