スタシス

アート

スタシス

すたしす

 俳優・演劇理論家であるスタニスラフスキーが考案した近代演劇理論〈スタニスラフスキー・システム〉のこと。『俳優修業』(未来社刊)においてその理論の一端を垣間見ることができる。ロシアの有名な劇団「モスクワ芸術座」などのリアリズム演劇において成果を上げた。

 また、後にリー・ストラスバーグが彼のシステムを〈メソード〉という手法に昇華し、ハリウッド黄金期を支える俳優を数多く輩出した。現在、スタシスは、この〈メソード〉との関連で取り上げられることが多い。

俳優修業 第1部

俳優修業 第1部

俳優修業 第2部

俳優修業 第2部