スマートフォン用の表示で見る

スタニスラフ・ペトロフ

社会

スタニスラフ・ペトロフ

すたにすらふぺとろふ

スタニスラフ・イェフグラフォヴィッチ・ペトロフロシア語: Станислав Евграфович Петров, 1939年 - )

ロシア戦略ロケット軍の元中佐。1983年9月26日、ソ連軍の標準的な服務規程を逸脱し、監視衛星が発したミサイル攻撃警報を自ら誤警報と断定した。複数の情報源によると、この決断はアメリカ合衆国に対する偶発的な報復核攻撃を未然に防ぐ上で決定的な役割を果たした。監視衛星の警報システムに対する調査により、システムは確かに誤動作していたことがその後判明した。以上より彼は核戦争を未然に防ぎ「世界を救った男」と呼ばれることがある。