スチュワードシップ・コード

一般

スチュワードシップ・コード

すちゅわーどしっぷこーど

[英] Stewardship Code

スチュワードシップコードとは、金融機関を中心とした機関投資家のあるべき姿を規定したガイダンス(解釈指針)のこと。

金融機関による投資先企業の経営監視などコーポレート・ガバナンス企業統治)への取り組みが不十分であったことが、リーマン・ショックによる金融危機を深刻化させたとの反省に立ち、英国で2010年に策定された。

投資先企業の企業価値を向上し、受益者のリターンを最大化する狙いの下、機関投資家

  1. 受託者責任の果たし方の方針公表
  2. 利益相反の管理に関する方針公表
  3. 投資先企業の経営モニタリング
  4. 受託者活動強化のタイミングと方法のガイドラインの設定
  5. 他の投資家との協働
  6. 議決権行使方針行使結果の公表
  7. 受託者行動と議決権行使活動の定期的報告

を行うべきとする7つの原則で構成されている。

法的拘束力に縛られない自主規制であるが、コンプライ・オア・エクスプレイン(Comply or Explain)として、各原則を順守するか、順守しないのであればその理由を説明するよう求めている点が特徴となっている。