スマートフォン用の表示で見る

スティーブ・エリクソン

読書

スティーブ・エリクソン

すてぃーぶえりくそん

スティーブ・エリクソン Steve Erickson

  • 小説家1951年アメリカ カリフォルニア州生まれ。1985年"Days Between Stations"(放題『彷徨う日々』)で作家としてデビュー。アメリカや20世紀の歴史をめぐる膨大な奇想に、芸術やポップ・カルチャーへの該博な知識と、男女の妄執にも似た情愛を編み込んで小説に仕立て上げる圧倒的な筆力によって壮大な文学的世界を構築する。柴田元幸は「フィリップ・K・ディックを通過したフォークナー」と彼の世界を紹介している。日本では早くから一部に熱狂的な愛読者を獲得していたが、近年ではアメリカ本国でも高い評価を受けている。

作品