スマートフォン用の表示で見る

スティーブン・ジェラード

スポーツ

スティーブン・ジェラード

すてぃーぶんじぇらーど

Steven Gerrard

イングランド代表歴のあるサッカー選手

プロフィール

フルネーム : Steven George Gerrard MBE (スティーヴン・ジョージ・ジェラード

生年月日 : 1980年5月30日

出身地 : Whiston, Merseyside (ウィストン?マージーサイド州)

身長・体重 : 185cm・83kg

ポジション : セントラルミッドフィールダーセカンドトップ

プレースタイル、経歴

主将としてリヴァプールFCに所属し、イングランド代表でも欠かせない存在。正確無比なロングフィード、強烈なタックル、スピード溢れるドリブル、そして強烈なミドルシュートが武器。そして運動量もとても多い。2003-04シーズンからリヴァプールFC主将。マイケル・オーウェンジェイミー・キャラガーロビー・ファウラーらと同じくリヴァプールFCアカデミー出身で、1998年11月29日のブラックバーン・ローヴァーズFC戦に18歳でプレミアリーグデビュー。

イングランドU-16・18・21代表歴あり。イングランド代表デビューは2000年5月31日の親善試合ウクライナ戦。2001年、イングランド代表監督にスヴェン・ゴラン・エリクソンが就任して以来レギュラーの座を不動のものにしている。2002年FIFAワールドカップは残念ながら怪我で出場できなかったが、2000年・2004年・2012年UEFAヨーロッパ選手権、2006年・2010年・2014年FIFAワールドカップに出場している。2012年11月14日の親善試合スウェーデンにて代表100試合出場を達成した。

2000-01シーズンはPFA (Professional Footballers' Association, プロフットボール選手協会) 最優秀若手選手賞、UEFAチャンピオンズリーグを制覇した2004-05シーズンはUEFAチャンピオンズリーグ最優秀選手、2005-06シーズンはPFA最優秀選手賞、2008-09シーズンはFWA (Football Writers' Association, フットボール記者協会) 最優秀選手賞を受賞している。

大英帝国勲章 (Order of the British Empire)

2006年12月29日、英国王室 (クイーン・エリザベス2世) より大英帝国勲章勲5等 (Members of the Order of the British Empire, MBE) を授与される。このため、名前の最後に MBE の称号が付く (Steven George Gerrard MBE)。

その他

2004-05シーズン終了後、ロンドンを本拠地とするチェルシーFC (Chelsea Football Club) への移籍が噂され、本人も移籍願望をほのめかす言動をみせるなど物議を醸したが、一転してリヴァプールFC残留を決める。またこの騒動でジェラード本人はチームメイトにお詫びをし 「キャプテンを降りる」 と伝えたが、チームメイトからは 「キャプテンを降りる必要はない。キャプテンジェラードだけだ」 と激励を受けた。