皮膚粘膜眼症候群 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

サイエンス

スティーブンス・ジョンソン症候群

すてぃーぶんすじょんそんしょうこうぐん

(SJS、皮膚粘膜眼症候群とも)

高熱を伴い、発疹・発赤、やけどのような水ぶくれなどの激しい症状が、 比較的短期間に全身の皮膚、口、目の粘膜にあらわれる病気。

その多くは医薬品が原因とされているが、一部はウイルスや肺炎マイコプラズマ感染に伴って発症する。