スマートフォン用の表示で見る

スティーヴィー・レイ・ヴォーン

音楽

スティーヴィー・レイ・ヴォーン

すてぃーびーれいぼーん

唯一黒人ブルースマンに影響を与えた白人ブルースマン。超絶ギタリスト。頭文字を取ってSRVと通は呼ぶ。

1983年デビュー。1990年に交通渋滞を避けるために乗ったヘリコプターが墜落し亡くなる。1986年〜1989年まで「薬物依存」「アルコール中毒」のため活動休止。

余談であるが、「野村義男」はイングヴェイマルムスティーンの風貌を意識していると思われるが、実は薬物依存・アルコール中毒から復帰した時のSRVの方に似ている。