スマートフォン用の表示で見る

スティグマ

一般

スティグマ

すてぃぐま

他者や社会集団によって個人に押し付けられた負の表象・烙印。

いわばネガティブな意味のレッテル


もともとは、奴隷や犯罪者であることを示す刺青などの肉体的刻印のことを指す言葉であった。現在流通している用法は社会学者ゴフマンが1963年スティグマ社会学』の中で提示した。彼は、スティグマを負った人々への劣等視が社会的に正当化されていることを論じた。その結果、スティグマを負った人々は差別という形で様々な社会的不利を被ることになるのである。