ステラおばさんのクッキー

ステラおばさんのクッキー

すてらおばさんのくっきー

森永製菓グループのアントステラが展開するクッキーのブランド。

ペンシルバニアのダッチカントリーで幼稚園の先生として働いていた「ステラおばさん」ことアント・ステラの自作クッキーを、甥のジョセフ・リー・ダンクルが1982年に事業化したのが始まり。全国の百貨店や駅ビルなどに店舗を展開している。

店舗からクッキーの甘いにおいが漂ってくることでも有名。