ステラジアン

立体角の単位。記号はsr

球体の半径をaとしたとき、一辺の長さがaの正方形と等しい面積(a2)を球面上で切り取る円錐形状の頂点が成す角の立体角を1ステラジアンと定義する。平面角ラジアンに対応する。

SI補助単位?の一つとされていたが、現在では、次元1のSI組立単位として分類されている。