スマートフォン用の表示で見る

ストライダー飛竜

ゲーム

ストライダー飛竜

すとらいだーひりゅう

カプコンより1989年にリリースされたアーケードゲーム

カプコンが開発した硬派な横スクロールアクションゲーム。本宮プロとの共同企画だった。

忍者を源流とする諜報組織「ストライダーズ」最年少にして特A級ストライダーの資格を持つ最強の暗殺者である"飛竜"が、冥王グランドマスターに支配された地球を救うため、鍛え抜かれた体術とサイファーと呼ばれるプラズマ旋風を巻き起こす光の剣を駆使して、カザフ共和国シベリア、空中戦艦バルログを襲撃し、アマゾンジャングル、そして、最後には月の要塞へと進んでグランドマスターを倒すという内容。

ステージクリア後の無国籍アイキャッチで『空中戦艦バルログ』に対して言う、「貴様らにそんな玩具は必要ない」は名台詞。

地形を巧みに利用するアクションは「ロックマン」や「デビルメイクライ」に引き継がれている。

MARVEL VS. CAPCOM」シリーズや「NAMCO x CAPCOM」にゲスト出演している。


1999年には、続編の「ストライダー飛竜2」がアーケードで登場した。

移植