ストラット式

一般

ストラット式

すとらっとしき

自動車サスペンション形式の一つ。

正式名称はマクファーソン・ストラット(MacPherson Strut)式というが、単純にストラット方式とも呼ばれる

タイヤをロアアームとスプリング一体式ショックアブソーバーだけで支えるという単純な構造であり、他の方式と比較してストロークを大きくでき、部品数が少なく軽量でコストが安い上居住スペースを大きく出来るために、現在乗用車に最も多く用いられているサスペンション形式となっている。

欠点としてはサスペンションにかかる負担が大きいため、サスペンション自体のスムーズな作動と高剛性が求められる事と、部品数が少ないゆえアライメント設定の自由度が狭い事が挙げられる。

関連キーワードマクファーソン・ストラット