スマートフォン用の表示で見る

一般

ストリーム

すとりーむ

ホンダが発売する5ナンバー7人乗りのスポーティなミニバンストリーム(stream)」。2000年10月26日に初代モデルが発表された。写真は初代2.0LモデルのiLタイプ。

初代の2.0Lモデルには後にシビックTypeR、インテグラTypeRにも搭載されたハイパワーなK20A型DOHC i-VTECエンジンが初めて搭載された。


2006年7月に登場した2代目モデルも全幅を1700mm以下に抑えた5ナンバーサイズで、ホンダミニバンらしく全高も抑えた独特のパッケージングで登場した。ホンダ独自の低床技術によって全高を45mm下げながらも室内には十分な快適空間を確保した。ホイールベースを延長したことなどにより、3列目の居住空間が拡大された。

スポーツグレード“RSZ”などがあり、ミニバンとは思わせない、スポーツカーのようなグレードである。

RSZはパドルシフト、専用17インチホイールなどが標準装備。

エンジンは1.8Lと2.0Lがあり、1.8Lは5AT、2.0はCVT(4WDは5AT)となっている。