スマートフォン用の表示で見る

スヌーピー

マンガ

スヌーピー

すぬーぴー

SNOOPY

チャールズ・M・シュルツの漫画『ピーナッツ(PEANUTS)』に登場する、ビーグル犬のキャラクター。

日本では「スヌーピー」のタイトルで紹介されたため、こちらのほうが通りがよい。

ピーナッツの連載開始は1950年の10月2日で、スヌーピーの初登場は10月4日。

飼い主はチャーリー・ブラウン。ただしスヌーピーチャーリー・ブラウンのことを「丸頭の男の子(round-headed boy)」と認識しており、飼い主とは思っていない。

小鳥のウッドストックが親友。デイジーヒル子犬園で生まれ、スパイクやオラフなどの兄弟がいる。。

二本足で歩行し、人語を解する。しかし、まわりからは普通の犬とみなされている。

主食はドッグフード。好物は、チョコレートチップキッキー、ピザ、アイスクリーム、ルートビアなど。

空想癖があり、撃墜王弁護士、外科医などになっている姿を夢想する。

閉所恐怖症のため、犬小屋の三角屋根の上で眠る姿がよく知られる。