スマートフォン用の表示で見る

スネップ

社会

スネップ

すねっぷ

SNEP(Solitary Non-Employed Persons)

  • 「就業せず、孤立している人」「孤立無業者」

意味

20歳以上59歳以下の在学中を除く、家族以外に一緒にいる人がいない未婚者で、普段仕事をしていない人のこと。

就業、就学、職業訓練のいずれもしていない人である「ニート」の予備軍と言われている。

スネップの傾向

  • 家に4室以上ある世帯の無業者
  • メール等を使った他人との交流が少ない
  • テレビの視聴時間が長い
  • 睡眠時間が長い
  • 仕事をしたいと思っていない
  • スポーツ、旅行、ボランティアをあまり行わない
  • ネット、ゲーム中毒なわけでもない

概要

東京大学玄田有史氏らが定義、提唱。*1

総務省統計局が行った「社会生活基本調査」の匿名データを用いて提唱された。

それによれば2006年時点で100万人を超え、過去10年間に45万人の増加をみせている。*2

2013年、「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン新語・流行語大賞にノミネートされた。

定義

正確には

孤立無業の定義:20 歳以上 59 歳以下の在学中を除く未婚者で、ふだんの就業状態が無業のうち、一緒にいた人が家族以外に連続 2 日間いなかった人々。」

と定義しており、更に3つに分類される。

家族と一緒にいた時間を有する人々:「家族型孤立無業」
ずっと一人でいた人々: 「一人型無業」
対象を限定した無業者のうち、孤立無業ではない人々 :「非孤立無業」