スマートフォン用の表示で見る

スノーパル23:55

一般

スノーパル23:55

すのーぱるにーさんごーごー

スノーパル23:55は、東武鉄道が冬期に運転するスキー・スノーボード専用夜行列車の愛称。同社における列車種別としては特急に分類されている。

毎年12月下旬から3月上旬の金曜日、土曜日を中心とした休前日に運転され、夏期の休前日に同社で運転される「尾瀬夜行23:55」と並んで、JR以外では日本で唯一自社による夜行列車である。また、女性専用車両も1両用意されている。

始発駅である浅草の発車時刻が23:55であることから、列車名がつけられており、かつて浅草の発車時刻が23:50だった時代には「スノーパル23:50」(ニー サン ゴー マル)とつけられていた。

この列車は、福島県南会津町の「たかつえスキー場」「だいくらスキー場」へのスキー・スノーボード利用者輸送を目的としているため、事前完全予約制で、乗車駅からスキー場までの往復割引運賃と往路の特急料金、連絡バスの往復割引運賃、およびスキー場の一日リフト券などがセットになったクーポン*1でしか利用することができない。

停車駅

浅草(23:55発)−北千住(0:10発)−新越谷(0:26発)−春日部(0:42発)−[新藤原]*2会津高原尾瀬口(5:18着)

定員

1運行につき348名

車内設備等

前売発売

クーポンは乗車日の1か月前から、浅草発車当日の17時まで、東武トラベル各支店で前売発売。

有効期間

4日間

*1:復路の列車は自由選択できる

*2運転停車扱いだがドア扱いをするためホームや改札外に出ることが可能