スマートフォン用の表示で見る

スノーボード

スポーツ

スノーボード

すのーぼーど

ウインタースポーツの一つ。

一枚のボードに両足を固定し、サーフィンのような横乗りスタイルで雪上を滑走する。

そりやモノスキー(一本の板に乗るスキー)に由来を求めることはできるが、現在のスノーボードの原型については、一般的に1960代北米で誕生したと言われている。

原型のひとつ発展系

1970年代後半から、ジェイク・バートン、トム・シムスらによって、ボードの形状、材質、バインディングなどの改良が進んだ。

スノーサーフィンなどとも呼ばれていたが、北米スノーボード協会発足とともに「スノーボード」に統一された。

1988年にワールドカップが開催され、翌89年にはISF(国際スノーボード連盟)が発足。

1990年当初は滑走可能なスキー場はほとんど無かったが、1998年の長野オリンピックから正式種目に加わるなどしてからは、ほとんどのスキー場で楽しめるようになった。

減少するスキーヤーに代わり、スキー場の貴重な収入源ともなっている。

ボードは用途によって「フリースタイル系」と「アルペン系」に分かれる。

フリースタイル系」は、進行方向が180度変わっても支障のないよう先端が前後とも丸いボードに柔らかいソフトブーツで乗り、ハーフパイプやエアーなどトリックに向いている。

アルペン系」は、ハードブーツで乗り、スピード重視。

バインディングでボードとブーツを固定するが、利き足の個人差によってスタンス(立つ向き)が異なる。

左足が前(進行方向)だと「レギュラー・スタンス」

右足が前にくるのが「グーフィー・スタンス」

スキーのようにストックは用いず、体全身でバランスをとって滑走する。

ボードのエッジ(角)が雪に引っかかり転倒する「逆エッジ」など、不意の転倒で頭を強打したり、スキーよりも高い死亡事故率のせいで、危険で難しいスポーツと思われがちだが、スキーに比べ、導入は容易く、上達も早い。

板の表面積が広いので浮力が大きく、深雪をサーフィンのように滑走することができる。

ターンのしやすさを決めるボード側面の大きな曲線(サイドカーブ)は、スキーに用いられ、踏み込まずとも重心移動でターンができるカービング・スキーとして発展した。

マスコミや初心者を中心に「スノボ」や「スノボー」という略語が広く用いられているが、上級者になるほど、ほとんど使わなくなり、略さないか、「ボード」と呼ぶ傾向がある。