スマートフォン用の表示で見る

スノーラビット

社会

スノーラビット

すのーらびっと

スノーラビットは、北越急行ほくほく線を走る列車の愛称。

「超快速」スノーラビット

種別は「超快速」。2015年3月14日のダイヤ改正より運転を開始している。

運行開始当初の本数は1日に上下各1本ずつで、直江津駅越後湯沢駅間を1時間弱で結んでいる。

スノーラビットエクスプレス (681系2000番台・683系8000番台)

2015年3月13日まで運行された金沢越後湯沢間を走る特急はくたか」のうち、北越急行が所有していた車両に付けられていた愛称。

正しくは「スノーラビットエクスプレス (Snow Rabbit Express)」。

JR西日本所有のはくたか681系「ホワイトウイング」とほぼ同仕様ながら独自の赤いカラーリングが目を引いたため、どの列車に充当されるかの月間の予定表が北越急行Webサイトに掲載されるほどの人気を誇った。