スマートフォン用の表示で見る

スバル360

一般

スバル360

すばるさんびゃくろくじゅう

富士重工の軽乗用車で、同社の記念碑的な自動車

通商産業省(現在の経済産業省)の「国民車構想」のコンセプトにのっとり開発され、昭和33年に発売。昭和35年から海外向けの輸出も開始され、排気量が450ccにアップされたエンジンを搭載。輸出名である「マイア」のネーミングは後に同社の小型車「レオーネ」のグレード名にもなった。

丸みを帯びた軽量モノコック構造の車体デザインから「てんとう虫」の愛称で親しまれ、昭和37年には上級グレード、昭和43年にはスポーツグレードの「ヤングSS」を追加し、昭和45年まで生産された。

画像は「でめきん」の愛称で知られる初期型(昭和35年式)。