スパゲッティ・ボウル現象

社会

スパゲッティ・ボウル現象

すぱげってぃぼうるげんしょう

意味

【spaghetti bowl phenomenon】

EPAFTAなどの貿易協定において、各国の二国間協定が増えていくと、様々な内容の貿易ルール(例外規定など)が乱立して、自由貿易政策が停滞してしまう現象。

コロンビア大学バグワティ(Bhagwati)教授が、1995年に出版した本で使ったのが起源。

貿易ネットワークで結ばれた線をスパゲッティになぞらえ、貿易ルールごとのネットワークが煩雑に絡み合った状態を、ボウルの中で交錯するスパゲッティの様子に譬えたもの。

関連用語

経済連携協定自由貿易協定二国間協定多国間協定、バイラテラル・アグリーメント?、マルチラテラル・アグリーメント?貿易自由化