スプリングカメラ

一般

スプリングカメラ

すぷりんぐかめら

コンパクトなカメラの中で、通常は箱型で持ち運びがしやすく、使用時に蛇腹とレンズがスプリングの力で飛び出して撮影が出来るようになるカメラ。1950年代が生産のピークだったと思われる。