スマートフォン用の表示で見る

スプリンターカリブ

一般

スプリンターカリブ

すぷりんたーかりぶ

トヨタ自動車が2002(平成14年)年まで発売していたステーションワゴン

カローラ・ワゴンとは兄弟モデルであるが、1995年(平成7年)発売の3代目は当時のカローラ・ワゴンがAE100型ベースなのに対し、AE110型がベースとなっている。*1

基本的な足回りはカローラ/スプリンターと共通。

当初は4WDのみだったが、後に2WDを追加。さらに4A-GEエンジンを搭載したBZツーリングを発売している。*2

外観では「CARIB」ロゴを盛り込んだグリル一体バンパーが特徴的。

インテリアではリアシートの6:4分割引き起こし機能を持たせ、用途に応じて多彩なシートアレンジを可能としている。

*1:なお、1982年(昭和57年)に発売された初代モデル・AL25G型はターセル/コルサ/カローラIIがベースであり、カローラベースとなったのは1987年(昭和62年)発売の2代目・AE95G型からである。

*2:また、1998年(平成10年)にはカローラEU向け輸出仕様のフロント部分を移植した「ロッソ」を追加している。