スペイン内戦

社会

スペイン内戦

すぺいんないせん

(Guerra Civil Española、1936年7月 - 1939年3月)

第二共和政期のスペインで勃発した内戦。マヌエル・アサーニャ率いる左派スペイン人民戦線政府と、フランシスコ・フランコを中心とした右派の反乱軍とが争った。反ファシズム陣営であるスペイン人民戦線ソビエト連邦が支援し、フランコファシズム陣営のドイツイタリアが支持するなど、第二次世界大戦前哨戦としての様相を呈した。