スマートフォン用の表示で見る

スペクトルマン

テレビ

スペクトルマン

すぺくとるまん

1971年1月〜72年3月、全65回にわたって放送された特撮ヒーロー番組。


ストーリー

惑星Eの天才科学者・ゴリは母星でクーデターを起こすも失敗し、その忠実な部下ラーと共に宇宙へ逃亡する。その途上、地球という美しい星を発見したゴリとラーはそれを我が物とするため、公害を巻きちらして地球を犯す人類を抹殺する、という大義名分を付けて侵略を開始した! それを察知した遊星ネビュラ71は、サイボーグスペクトルマン地球派遣させる。地球上では蒲生譲二として「公害Gメン」の一員となったスペクトルマンは、ゴリの野望を阻止すべく戦いを挑む。


概要

裏番組に『巨人の星』という強力なライバルを持っていた本作の番組開始当初の題名は「宇宙猿人ゴリ」で、何と悪役がタイトルに冠されていた。21話から「宇宙猿人ゴリスペクトルマン」、そして40話から「スペクトルマン」と変遷していく。*1スタート時の視聴率は裏番組だった『巨人の星』の影響もあって一ケタ代に留まっていたが、徐々に人気を集めてついに追い抜くという快挙を成し遂げる。なお円谷プロ&TBSが『帰ってきたウルトラマン』の放送を開始するのは、本作から遅れること3ヶ月後のことだった*2

放送局・放送時間

スタッフ

キャスト

主題歌

オープニングテーマ

エンディングテーマ

*1:この手の類の作品は他に「もやしもん」がある

*2:これと同じことが1966年の『ウルトラマン』でも起きており、ピー・プロダクションはそれよりも先に『マグマ大使』を放映している

*3:他に土屋・石黒・長谷部の各監督が兼任

*4スーツアクターと声の両方を担当

*5:過去にVAPから発売された事があり、現在は廃盤