スペル星人

映画

スペル星人

すぺるせいじん

リスト::怪獣

 『ウルトラセブン』第12話「遊星より愛をこめて」に登場した宇宙人。

 母星スペルが誤った核の使用によって消滅し、身体を放射能に犯されてしまっている。純粋な血液を求めて密かに地球に飛来して人間に化け、血液内の有効な成分を結晶化出来る腕時計を地球人に配布して、実験用のサンプルを採取していた。

 当初は女性に狙いを定めていたが、フトしたことから手に入れた子供の血液がより純度が高いことに気付き、ターゲットを子供達に変更する。ウルトラ警備隊によって正体が暴かれた後、巨大化してセブンと戦うも敗れ去った。

欠番について

 昭和45年、小学館から発売されていた子供向け雑誌の付録の中に“被爆星人”という肩書きで掲載されていたことに某団体がクレームを付けたのをきっかけに問題となり、その煽りを受けて円谷プロはエピソードそのものまで完全に封印。現在では存在そのものまで消されている幻の宇宙人。