スマートフォン用の表示で見る

スマートディスプレイ

コンピュータ

スマートディスプレイ

すまーとでぃすぷれい

 スマートディスプレイは正式名称を「Windows Powered Smart Display」といい、2003年1月14日にマイクロソフトが提案した家庭内でのパーソナルコンピュータの使い方です。

 スマートディスプレイは、Windows XP Professionalが動作しているパーソナルコンピュータ無線LANアクセスポイント経由で接続します。そして、スマートディスプレイは接続したパーソナルコンピュータの画面を表示し、またタッチパネルを用いてパーソナルコンピュータに接続されたマウスキーボードの代わりに操作することができるデバイスです。そのためスマートディスプレイパーソナルコンピュータから離れた場所でも、そのコンピュータインストールされているアプリケーションを実行することができます。そのためリビングやキッチンにいながらスマートディスプレイを使って書斎に設置されたパーソナルコンピュータを操作してインターネットをブラウズしたり、メールの読み書きを行うことができます。

 スマートディスプレイは一見、単なるタッチパネル付きの液晶ディスプレイのようにも見えますが、Windows CE .NETをベースにしたOSを採用したしたれっきとしたコンピュータです。スマートディスプレイにはUSBポートが用意されており、ここにキーボードマウスを接続することもできます。ただし、スマートディスプレイストレージを持たないため、単体ではあらかじめインストールされているブラウザと画像ビューア以外のアプリケーションを使うことができません。また、スマートディスプレイパーソナルコンピュータで動作しているWindows XP Professionalのリモートデスクトップ機能を使っているため、パーソナルコンピュータスマートディスプレイを同時に利用することはできません。

 2005年3月現在、スマートディスプレイは一部の在庫を除いて、製品として購入することはできません。