スミア

一般

スミア

すみあ

撮影しようとした画像の中に太陽や電灯などの強い光源が入ってしまったときに、ビローンと白い帯状の部分が発生してしまう現象のこと。


この白飛びは特徴的で、垂直、あるいは水平方向に発光部の被写体とほぼ同じ幅の直線状に発生する。その幅の中では画像の端から端まで白飛びを起こす。電子式シャッターを採用したカメラの場合、シャッター後でもフォトダイオードが感光。そこから漏れ出した電荷が、転送中の電荷に影響を及ぼすことからなる。