スモールヒル

スポーツ

スモールヒル

すもーるひる

Small Hill

ノルディックスキージャンプ競技における台の大きさを示す用語。またその台で行われる競技のことを指す。

ヒルサイズが20m〜49m、K点が20m〜40mの台のことを指し、主にジュニア選手の大会等で利用される。

50m〜84mをミディアムヒル、85m〜109mをノーマルヒル、110m〜184mの台はラージヒル、185m以上の台はフライングヒルになる。

国内のスモールヒルジャンプ台

名称所在地HSK点
荒井山ジャンプ競技場?北海道札幌市中央区27m25m
朝日三望台シャンツェ?北海道士別市45m40m