スマートフォン用の表示で見る

スモールワールドネットワーク

ウェブ

スモールワールドネットワーク

すもーるわーるどねっとわーく

スモールワールドネットワークとは、数学的な規則性により現実に近い規則を持つネットワークのモデルを作る試みから生まれた。スモールワールドネットワークのモデルを、ランダムネットワークと比較し、現実に存在するウェブなどのネットワークでは、ノードの塊が存在すること、少し「離れた」ノードへの「近道」が存在すること、などがAdamicらによって確認された。「世界は結局狭い(It's a small world after all.)」と我々が感じるのは、自分に近い人間関係(リンク)以外に、多数人間関係の塊(クラスター)が存在しているからだと言われている。このモデルにより社会学などで課題とされてきた「弱い紐帯」が現実の人間関係(リンク)に存在することを示した。

<比較>

ランダムネットワーク

スケールフリーネットワーク

<参考>

ダンカン ワッツ: スモールワールドネットワーク―世界を知るための新科学的思考法  (ISBN:4484041162