スモン病

サイエンス

スモン病

すもんびょう

SMON ( Subacute Myelo-Optico-Neuropathy )。亜急性脊髄神経症

腹痛・下痢ののち、下肢に始まって上行する痛みを伴う異常感覚、運動障害、さらに視力障害などを起こす病気。1955年頃から日本各地に発生。

原因はキノホルム?投薬による中毒でキノホルム禁止後減少した。